INTERVIEW

社員インタビュー

製品や業界知識が
すべての業務につながる
と感じています

2016年入社

東京本社 業務部 係長

K・T

[仕事内容]

製品の品質・在庫管理

前職の経験が活かされたことは

発注先の担当者の方々とコミュニケーションを図るのも大切な仕事です。先方の意見をくみ取りながらも必要な当社としての意思を伝え、交渉にあたることが必要となります。その際には、前職での営業経験が役立っていますね。

業界知識はどのように習得していますか

入社時には業界知識は全くない状況でしたが、少しでも早く知識を身につけるため、不明点は直ぐに上司に確認するようにしてきました。また、自身でも書籍やWebサイトなどで調べたり、時には発注先の方から情報をいただくこともあります。研削・研磨の領域は奥が深く、まだまだ知識は充分ではありませんが、今後も知識のアップデートを心掛けていきたいと思っています。
さらに、新しい取り組みとして「製品勉強会」を定期的に開催するようになりました。一つの製品を深く探求することで、その製品の新たな一面を知ることは新製品のヒントにもつながるような気がします。これからも開催回数を増やしながら、継続していきたいと考えています。専門性が高く難しい内容ですが、非常に興味深く探求心をそそられます。 また、時には展示会に出向き新製品のヒントを得たり発注先の開拓なども業務の一つです。

ミニターの仕事のおもしろさは

当社は、“常に挑戦を応援してくれる” 社風があります。少数精鋭なので、挑戦してみたいことがあれば直ぐに上司に相談・提案できる環境にあり、また、その提案が良ければ即座に採用されることもあります。私は入社5年目ですが、上長は日々の仕事ぶりをきちんと評価くださり、昨年係長に昇進することができました。責任ある仕事を任せていただけ、正当に評価いただけることにやりがいを感じ、ますます仕事がおもしろくなっています。

今後の目標は

最近は、業務部の中でも特に重要な役割となっている製品の在庫管理業務が主な業務です。適正な在庫数量、金額を維持することは、その時々の適切な判断が必要となります。即納体制を維持できて且つ、ロスのない在庫量の維持をしていくためには過去の販売実績だけではなく、市場の動向・営業戦略とも関連します。非常に難しい判断となりますが、特に当社にとっては“要”となる業務となりますので、これまでの知識・経験に加え、新たに先を読む力を身につけていきたいです。

RECRUIT TOP